ひと山マッチの中から、今でも営業しているお店を機会があれば訪ね歩いていますが、
中には調べてみて「閉店」を知ることも。
自分が行ったことが無いお店のマッチを紹介するのはおこがましいのですが、
時々それを検索してここを訪れて下さった方からコメントをいただき、
お店の事を教えて頂いたり、思わぬ展開があることも…(いつかそういうことも書いてみたい)。
もしかして、今は無い思い出の店のマッチを見て懐かしく思ってくれる方もいらっしゃるかも…
などの思いも有り、そんなマッチも時々紹介しています。

今日、目に留まったのは、このマッチ。

  小樽みやこ通りに有った、エトワール の、マッチ。

エトワール ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

エトワール ②
「喫茶と名曲の殿堂」…って感じでしょうかw ←てけとー

エトワール ③
「みやこ通り」と書いてありますが、現在では「セントラルタウン都通」になっちまったらしい。

ググってみたら、食べログで『珈琲苑 エトワール』がヒットしたのですが、
閉店しているので電話番号が消去されており、
本当にこのマッチの店と同じか、確信は得られなかったのですが、
「みやこ通り」⇒「セントラルタウン都通」が同一ではないかなーと。
また、口コミにあった閉店情報から、ここが創業62年と、かなり古いお店であることから、
ほぼ同一店と断定致しました(もし違っていたらごめんなさい)。

さて、口コミの中に、閉店時の貼り紙の写真をUPされている方がいらっしゃいましたので、
こちらに書き出させていただきました。

<閉店のお知らせ>

突然ではございますが、この度8月21日(月)をもちまして閉店させていただく事になりました。
私共も歳と共に体力の衰えを感じる昨今でしたが、体調を崩したのを機に決意した次第です。
62年という長きに渡り営業できました事は偏に皆様のご愛顧によるものと心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
    
      珈琲苑 エトワール店主



閉店の貼り紙って、その背景に色んな情景が見えてきて、切ないですね。

去年閉店したばかりなので、食べログで検索すると、まだ写真が出て来ます。
店舗は改装したらしく新しい建物でしたが、それらの写真で在りし日の『エトワール』を偲んでみました。



スポンサーサイト
関西に住んでいた頃、堂島へ通勤していました。
駅でいうと西梅田が近かったかな。
私は神戸方面から阪神線で通っていたので、
梅田駅で降りて地下道を通って西梅田駅を通り過ぎ、会社近くで地上に出ていましたが、
帰りは地下には潜らず、大阪の夕暮れ~夜のお町を満喫して帰ることが多かったかな。
(そして時々地下街に潜入して飲んだりも)

そんな通勤途中に有った Blue Note 大阪 の、マッチ。

Blue Note大阪 ①

Blue Note大阪 ②

当時は軽めのジャズとかインストゥルメンタルにちょっとだけハマっていて、
ここに行ったのは、たしかロン・カーターが来た時だったかなぁ…。
ずっと『Blue Note東京』に行きたい行きたいと思っていてなかなか行けずに居たので、
大阪なら近くて行きやすいなと思った記憶があります。

『Blue Note大阪』は、1990年開店。
その後2007年に契約変更に伴い、現在は『Billboard JAPAN OSAKA』に変わって営業中。
今ググってみたら、場所も移転したようです。

梅田の辺りは去年お初天神の方をちょっと歩いてみたけど、
西梅田の方はもうかれこれ二十年以上足を踏み入れていない。
今年はこの辺の地下街中心に懐かしい場所巡りしに行ってみようかな。






松戸駅前のペデストリアンデッキに立って、やっと思い出した。
今から十年位前、何年か松戸の某発注者の元に、何度も通ったことを。

あんなに何度も何度も通った駅なのに、さぁ今日は松戸に行ってみようと思った時に、
全く思い出さなかったなんて…。
で、この日の目的は、お仕事ではなく喫茶店。しかも三軒予定していました。
その一軒目、松戸駅東口直ぐ前のビル地下にある

  Café de KAORI (カフェ ド カオリ) の、マッチ。  
  
kaori ①
(2017年11月採取)

裏には支店が三店舗記されていますが、多分現在は松戸駅前店のみ。
kaori ②

kaori ③

会計時、マッチを所望したところ、とても明るく華やかなママさんから、
マッチの他にショップカードやスタンプカード、
コンサート(時々店内で開催されるらしい)のチラシなどを頂きました。
kaori ④


さて、仕事で松戸に何年も通っていたことを忘れていた私が、
何故この店に行こうと思ったかというと、ひと山マッチにこのマッチが有ったから。
kaori ⑤
(採取年不明、ひと山マッチより)

この頃は、仏蘭西料理のレストランだったのでしょうか?
店名も『LA KAORI』だったようです。

と思ったら、漢字表記で『珈保里』とも。
kaori ⑦
この手の当て字は昭和50~60年頃流行ったな…と思ったら、創業約40年だそうで、当たってますな。

中を開けると、やはり支店記載。
kaori ⑧

前出の現役マッチと比較すると店舗が入れ替わりしていますが、四店舗有ったようです。
kaori ⑨

新旧マッチ、並べて見ました(左が現役マッチです)。
kaori ⑪

さて、お店は地下一階に有りますが広々としていて明るい雰囲気です。
kaori ⑫
なんとなく、昔仕事で通っていた時に一度入ったような…曖昧な記憶。
入っていたとしても、当時はマッチ集め休眠時代だったのでマッチのことは全く頭に無かったのでしょう。

こちら、元「仏蘭西料理」と掲げていただけあって、食事メニューが充実していました。
なんと、ロンドンのリッツホテルや日本のピエール・エルメで修業していたフランス人のパティシエだそうです。

で、「たっぷり野菜カレー」をいただきました。
kaori ⑬
なんてフォトジェニックなカレー!
思わずママさんに、「きれい!写真撮っていいですか?」と聞いてしまいました。
ママさん、ニッコリ。

あれ、伝票には漢字で『珈保里』とも。
kaori ⑮

kaori ⑯

お昼時を過ぎていたけど、地元マダム達やサラリーマンで、丁度良い感じに賑わっていました。
近くの某事務所に通っていた頃の色々(おもにしんどかったことだな)を思い出しながら、
まさかまた松戸に来ることになるとは…と感慨深いものがありました。
(駅を出るまですっかり忘れてたくせに)

kaori ⑰

kaori ⑱

超駅近で便利ですよ。


 Café de KAORI
    http://www.cafedekaori.com/




毎年秋に文京シビックホールのとある公演に出掛けるのですが、
去年のその機会のために、リサーチしておいたレストランと喫茶店へ。
レストランは独特の素敵な雰囲気で食事も美味しく、マッチが無かったのが残念だけど是非また行きたい。
さて、喫茶店の方には、有難いことにマッチが有りました!

  晴 山 の、マッチ。

晴山 ①
(2017年11月採取)

「はれやま」…ではなく、「せいざん」…と読みます。

晴山 ②

晴山 ③


晴山 ④

可愛らしいカップ&ソーサー、そしてシナモンスティック!
上がる二大要素です。

晴山 ⑤

晴山 ⑦


 晴 山
    東京都文京区本郷1-15-4 文京尚学ビル 1F





ここのマッチはもうずっと以前に、マッチ仲間のtomcatさんから頂いて持っていました。
(tomcatさん、その節はありがとう!)
でも、折角の現役喫茶なのだから、いつか行きたい!と思いながら幾星霜。
去年の秋にやっと行ってきました(『珈里亜』で腹ごしらえした後ね)。

  名曲喫茶 ミニヨン の、マッチ。

ミニヨン ①
(2017年10月採取)

昔ながらの名曲喫茶らしい絵、フォント、そしてワード(冷暖房完備)。
このマッチが今も存在することの有難さ、
しかも、有料という安心感…(マッチが全て有料になれというのではありませんが、なんかね、)。
というわけで、二個お買い上げ。

ミニヨン ②
「荻窪電話局」は、『ミニヨン』の駅寄り手前にあるみたいです(今調べた)。
一階にサンクスが入っていて一見新しく見えますが、昭和七年逓信局設計の古い建物に、
後からサンクスの上の角部分だけ新しいパネルを貼ったみたい。
今度行ったらじっくり観察しなくては。
私が行った時はもう日が暮れかけていて気が付かなかったけど、
電話局側から『ミニヨン』が入っているビルを眺めると、壁面に『ミニヨン』の文字が。
これも次回行ったら見届けなくては。
(NTT東日本の「電話局の写真館を参照しました。是非見てみて下さい。)

外観も撮影したのに、暗くて手ブレ…。
階段を昇って二階にあります。
ミニヨン ③

ミニヨン ④

壁面には沢山のレコード。
ミニヨン ⑤
冷え込んできたので、暖かいココアを。

『ミニヨン』は、昭和36年北口にオープンし、十年後現在の場所に移転したとのこと。
HPを見ると、北口当時の素敵な建物の外観や創業ママさんのお写真などが載っています。
また、定期コンサートやギャラリーなどもあるようなので、それに合わせて訪れるのもいいかも。


 ミニヨン
    東京都 杉並区 荻窪 4-31-3 マルイチビル2F
    http://cafe-mignon.sakura.ne.jp/index2.html