この日は、目指す喫茶店が有ったと思われる場所が内装工事中。
(閉店なのか改装中で休みなのか不明)
そこで、駅を出てすぐ目に入ったこちらの喫茶店へ。

  奥沢駅前広場を見下ろす立地の ドミンゴ の、マッチ。

ドミンゴ ①
(採取年月:2017年6月)

「ド」 だけ文字が大きいんですね。

ドミンゴ ②

会計時、レジ前の籠に100円ライターが有り、
マッチはその後ろに置いてあったので、思わず一瞬あきらめた…ら!マッチがあった!
「頂いていいですか?」とマスターに聞いたら、
「古くて湿気ってたから出してなかったんだけど、マッチって今貴重だっていうから…」と。

もしかして、どなたかマッチ集めしてる方が 「欲しい人はいっぱいいますから出して下さい」って、
言ってくれたのかな?と、嬉しくなりました。

ドミンゴ ③


角地の二階の全面が窓なので、明るい店内。
ドミンゴ ⑤

窓の向こうに駅前広場が見下ろせます。
ドミンゴ ⑧

奥沢の駅前広場、可愛い建物や噴水のある池があってほっこりします。
「せたがや百景」のひとつなんですよ。
奥沢駅前 ①
(写真が下手で伝わらないのがもどかしい)

お昼がまだだったのでスパゲティを頂きました。美味しい!
ドミンゴ ⑥

ドミンゴ ⑩

駅前のロータリーを見下ろす二階の喫茶店って、なんだか好きです。
必ず店を出てから窓辺を見上げてしまうよね。
そしてテーブルを片付け始めたマスターと目が合ったりするのも、いいよね。

ドミンゴ ⑪

ドミンゴ ⑨



 ドミンゴ
    東京都世田谷区奥沢4丁目27-14







スポンサーサイト
またまた翌月更新になってしまいました。

毎月マッチの絵柄が変わる、室町砂場 の、平成29年7月のマッチ。

室町砂場(H27年7月) ①
(採取年月:2017年.7月)

7月のマッチは一昨年変わったばかりなので、今年も同じで、虹。

青空に虹…と思いきや、まだ黒雲が残っていますね。
夏の夕立があがった後に立った虹…といったところでしょうか。

室町砂場(H27年7月) ②


室町砂場(H29年彌月) ①

いつもの酒のアテの酢の物盛り合わせ、
この日は、シャコ、蛸、イクラ、山芋、胡瓜、ちっちゃいオクラ。
室町砂場(H29年彌月) ②

いつも季節感を感じられる『室町砂場』、
暖簾が麻に変わり、食器も涼し気なガラス器でしたが、
ほかに季節感のある写真が撮れなかったので、我が家の朝顔を載っけておきますね。
室町砂場(H29年彌月) ③



※その他の『室町砂場』のマッチは、カテゴリの「室町砂場」からご覧下さい。



 室町砂場
   東京都中央区日本橋室町4-1-13     
   03-3241-4038
   (日本橋だけど、JR神田駅からも近いです)




今日は八月十日で<ハトの日>らしいので、

 みんな大好き鳩サブレーの 豊島屋 の、マッチ。

豊島屋 ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

残念ながら現在はマッチは無く、これは"ひと山マッチ"より。

ネットで同デザインの色違いを見たような気がするので、
もしかして何種類かあったのかも知れませんね。

豊島屋 ②
なんとなく、鳥を表してるかの字体。

豊島屋 ③
電話番号の下三桁も、ちゃんと 「810」 (ハト) なんですね!


  ※鎌倉駅前にある豊島屋の喫茶『扉』のマッチはこちら → http://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-41.html


 豊島屋
    https://www.hato.co.jp/index.html






この喫茶店は行っとかなきゃ、とか、
マッチコレクターならこの店は当然行ってるでしょ?…という店に、なかなか行けていない自分。
ここも、そのうちの一軒でした。
浜町に用事があったので、少し足を伸ばしてやっと行けた!

漢字なのかカタカナなのか、やっと解明した ド ラ の、マッチ。

ドラ ①
(採取年月:2017年5月)

思わずドラエモンの体型を思い出してしまうような、まん丸フォントw
マスターが考えたのだそうです。すごい!

ドラ ②
こういう扉だったかどうか、よく見て来なかったのが悔やまれます。

ドラ ③
側面には何も書かれておらず、よく見たら住所表記の無いマッチ。
しかも、市外局番も無いので、この店を知らない人には悩ましいマッチですね。

喫茶の窓辺を見上げながら階段を昇る、二階にある店って好きだなー。
ドラ ④

看板も同じ文字。
ドラ ⑤

でも、裏は漢字。
ドラ ⑥
マスターに、どちらが正式なのか尋ねたら、
「昔は漢字の当て字をするのが流行ってたんで、辞書で探したんだよ」…とのこと。

前にも何処かのお店で書いたけど、トパーズ色の光の窓辺…いいですね。
ドラ ⑦



 ドラ
    東京都中央区東日本橋3-9-15





熱海シリーズ、いったん最終回です。

 熱海シリーズ番外編の『起雲閣』近くの商店街にある喫茶店、 木の実 の、マッチ。

木の実 ①
(採取年月;2017年6月)

なんて愛らしいマッチ!
絵本の扉絵のようですね。

反対側は同デザインの反転色。
木の実 ②

木の実 ③

店は奥深く細長い。
奥のカウンターには近所の方達が集まっていて典型的地元型喫茶店。
でも、手前のポックス席は適度に放っておかれるので疎外感は感じません。

木の実 ⑤

入り口の柏葉紫陽花が満開でした。
木の実 ⑦

マッチは、もう無いそうです。

木の実 ⑧



 木の実
    静岡県熱海市清水町12-10