FC2ブログ
毎月マッチの絵柄が変わる、室町砂場 の、平成30年九月のマッチ。

室町砂場(H30年9月) ①
(採取年月:2018年.9月)

久し振りの新作。

九月のマッチは2014年から去年までは、お月様で餅をつくうさぎでした。
うさぎ柄だけに気に入っていたので、新作になってしまったのが今回ばかりはちょっと寂しい気も…。

室町砂場(H30年9月) ②

室町砂場(H30年9月) ③



いつもの酒のアテの酢の物盛り合わせ、
この日は、赤貝、小鯛、イクラ、山芋、胡瓜、若芽。
室町砂場(H30年9月) ⑤

なんと!
ビールがハートランドに変わっていました!
(社長の突然の提案だったそうです)
個人的には、ハートランドは好きなビールなんですけど、
やはりここではキリッとしたキリンクラシックラガーを飲むのが合っている気がする。
さて、来月もハートランドのままか、元に戻っているか…楽しみ。

室町砂場(H30年9月) ⑥





※その他の『室町砂場』のマッチは、カテゴリの「室町砂場」からご覧下さい。



 室町砂場
   東京都中央区日本橋室町4-1-13     
   03-3241-4038
   (日本橋だけど、JR神田駅からも近いです)




スポンサーサイト
みぞれ交じりの寒さに、思わず飛び込んだ喫茶店。
(いつの話だよ)

  プ ペ の、マッチ。

プペ ①
(2018年採取)

おっ! オリジナルっぽいイラスト!

プペ ②

プペ ③

特に具体的根拠はないのですが、どことなくそんなに古い時代に作られたマッチという感じはしない。
局番も四桁だし。
何よりお店の空気があまり古さを感じなかったのです。
しかし、外からお店をみかけた時は、かなり古い喫茶店とお見受けしたのに?

店内も懐かしい昭和喫茶店の面持ち。
プペ ⑤
ちょっと検索してみたら、店は創業約50年で、
現在は二代目店長が店を切り盛りしているようです。
やっぱり若い方がやっている空気が何となくしたんだよなー。

カレーが有名らしく、「朝カレー」なるメニューもみっけ。
しかし、この日は既にカレー済だったので、ホットレモネードっぼいものを注文(昔過ぎて忘れた)。
プペ ④

この看板に惹かれて入りました。
プペ ⑥
『プペ』(人形)のイラストかな。


 プペ
    東京都千代田区神田錦町3-13-11




余談ですが、この後神保町方面にフラフラと。
ふと通りの向こうを見たら、『柏水堂』のビルが解体されておりました。
プペ ⑦

そして、またまた余談ですが、在りし日の『柏水堂』喫茶室の写真を置いておきますね。
柏水堂 ③

柏水堂 ②

柏水堂 ④

柏水堂 ⑤

もう会えない、愛しのプードル。
柏水堂 ⑥







紫陽花を観に、高幡不動へ。

増田屋(高幡不動) ⑤

梅雨の晴れ間で、とても暑い一日でした。
小腹も空いたし、喉も乾いたので、(ビールを飲みに)蕎麦屋を探す。

高幡不動参道の横道を入ったところにある 増田屋 の、マッチ。

増田屋(高幡不動) ①
(2018年採取)

場所は、ここです。
増田屋(高幡不動) ②

増田屋(高幡不動) ③

「三昧そば」だったかな。天麩羅、とろろ、なめこおろしの三種のお蕎麦。美味しかった!
増田屋(高幡不動) ⑦こきひけれま
なんと、お店の写真はこれだけしか撮っていなかった…。
(まさかマッチがあるとは思わなかったし…)

増田屋(高幡不動) ⑥

増田屋(高幡不動) ④

余談ですが、最近お蕎麦屋さんでマッチを貰うことが多いかも。
蕎麦屋で飲んでばかりいるせいかな…。


 増田屋
    東京都日野市高幡159







昔のマッチを訪れるというルーティンワーク。
こんなマッチをみつけました。

ボン ①

THE 昭和、だなぁ…。
左のマッチにある「テーブル付電話」というのは、昭和生まれの私でも知らない。
携帯電話が有る現代でも店内での通話は禁止されているというのに、
客席のあちこちで電話の話し声がしたら、うるさそう…と思うのですが、そこは古き佳き時代のこと。
それはそれで昭和っぽい風景を想像してニマついてしまいます。

右のマッチには、「本厚木駅前丸井の地下」とあり、
かつて丸井厚木店(S44年開店、その後閉店)が入っていたビルの地下で、
現在は、『カフェ&ブラッセリー Bon』という店名で営業しています。

ボン ②

反対側には、旅館、ビジネスホテルの名前も。
同じ経営者による多角経営といったところかな。

ちなみに、石川町の『ホテル東洋』は検索してもヒットしなかったので閉業しているものと思われますが、
厚木の『旅館 夕霧』は、現在も『厚木ホテル夕霧』として営業中。
なので、もちろんこちらにも行ってきました。
(残念ながら、『ダンスと食事 レストラン ベサメ』は名前の違うレストランになっています。
『ベサメ』は、戦後流行した「ベサメ・ムーチョ」(1940年、メキシコのベラスケスの楽曲)から取った名前かな…。
父がよくレコードを掛けていたのを懐かしく思い出します)

ボン ③

では、先ず厚木駅前の喫茶店 現『カフェ&ブラッセリー Bon』へ。

ボン 四

ボン ⑤

ボン ⑥

ボン ⑧

創業約55年の老舗喫茶店。
店内には昔の本厚木駅前の写真が展示されていました。

ボン ⑨

お食事メニューが充実していて、ランチタイム利用に良さそうです。

でもこんなびっくりスィーツメニューも!
ボン ⑩
さ、さんぜんごひゃくえん!(しかも「爆笑」って…)

さて、Bonを出て、折角来た本厚木なので、土地の神社などに立ち寄りつつぶらぶら散策。
そして、こちらもマッチに有った『旅館 夕霧』を求めて、現『厚木ホテル夕霧』へ。
この日は春先でしたが、日差しの強い初夏のような一日で、若干朦朧としながらやっとたどり着く。

ボン ⑪

ボン ⑫

実は行く前に調べてたら、このホテルの一階にレストランが有ったので、
「暑い…でもここに辿り着いたらレストランでビールが飲める…かも…」と、
水分を一切断って辿り着いたのですが、残念ながら中休み時間だったようで閉まっていました…orz

ボン ⑰

一階部分が『 レストラン Kei』
ボン ⑬

ボン ⑭

ボン ⑮

ボン ⑯
ああ…やっぱりビールが…(右下)。
今度はランチタイムにこちらにまっしぐらだな。

『Bon』 でも 『Kei』 でも、「なつかしの味 ハヤシライス」というメニューが看板に書いてありました。
次回は『 レストラン Kei』に直行して、ハヤシライスでランチしよう(もちろんランチビール付きで)。
ホテルだから、現役マッチがあるのでは…という秘かな期待を抱きつつ…。


 カフェ&ブラッセリー Bon
   神奈川県厚木市中町2-4-13-B1
   http://www.mukamura-shouji-group.co.jp/group.html


 厚木ホテル夕霧
   神奈川県厚木市栄町1-9-4
   http://www.mukamura-shouji-group.co.jp/




またまた翌月更新になってしまいました。

毎月マッチの絵柄が変わる、室町砂場 の、平成30年7月のマッチ。

室町砂場(H27年7月) ①
(採取年月:2018年.7月)

この虹のマッチは平成27年からで、今年でもう4年目。
7月は訪店したのが月の半ばくらいだったので、もしかして月末には絵柄が変わっていた可能性も…。
いずれ来年は新柄になりそうな予感。

(以下は、去年も書いたのと同文ですが)
青空に虹…と思いきや、ちょっと黒雲が残っています。
夏の夕立があがった後に立った虹…といったところでしょうか。

室町砂場(H27年7月) ②


いつもの酒のアテの酢の物盛り合わせ、
この日は、シャコ、蛸、イクラ、山芋、胡瓜、ちっちゃいオクラ。
室町砂場(H30年7月) ③


このところちょっと心が落ち着かず、この日はこれしか写真を撮っていませんでした。
八月は砂場でまったりとお酒を飲めるかな…。




※その他の『室町砂場』のマッチは、カテゴリの「室町砂場」からご覧下さい。



 室町砂場
   東京都中央区日本橋室町4-1-13     
   03-3241-4038
   (日本橋だけど、JR神田駅からも近いです)