FC2ブログ
初夏の暑い暑いある日のことでした。
とにかく何か冷たいものをと涼を求めて入ったのですが、
やはりここに入ったら、あんみつですよ。

鹿の子 ④
だいたい甘味やさんに入るとクリームあんみつを頼みます。

というわけで、銀座の甘味やさん 鹿乃子 の、マッチ。

鹿の子 ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

そこで、ひと山マッチの中に『鹿の子』のマッチが有ったのを思い出しました。
可愛らしい鹿の子絞りを描いたマッチ。

「鹿」の文字がなにやらこんなグネグネなのも可愛い。
鹿の子 ②

まだ局番が三桁の時代のマッチです。
鹿の子 ③
そして、マッチ関係者以外と一緒だと、マッチが有るか聞くのをつい失念してしまうあるある。
たぶんもう無い気がするのですが、また機会がありましたら…と、宿題が増えていく。

器に描かれた鹿さん達も可愛いです。グッズ販売して欲しい。
鹿の子 ⑤

初夏の緑眩しい銀座四丁目交差点からお届けしました(今はもう秋…いや冬か)。
鹿の子 ⑥



 鹿乃子
    http://kanoko.la.coocan.jp/






スポンサーサイト



築地場内市場に行ったのは、あの場外市場の火災の二か月前のことでした。

この辺って、間違いなく焼けたよね…嗚呼…。
築地愛養

この日目指したのは、魚河岸が日本橋から築地に移転した時から営業しているという、
築地場内市場六号館(この住所いいよね)にある、愛 養 の、マッチ。

愛養 ①
(採取年月:2017年6月)

ネットでちらほら、『愛養』の昔のマッチが発掘されたとの噂が飛び交っていた頃でした。
行きたい、行かなくては!と思っていたけど、市場って朝早そう…。
と、ぐずぐずしていたのですが、ちょうどフォロワーさんと色々やり取りしている中で、
一緒に行こうか!…ということになり、やっと重い腰を上げ、決行したのです。
(誰かと約束でもしなければ、絶対朝グダグタして挫折するもんね)

ああ、なんて情緒のあるマッチ!
ネットで画像は見ていたけど、実物は格調高いわー。

愛養 ②

でも局番四桁ってことは、思ったより古くないのだな。
愛養 ③

マッチだけ見るとゴージャス系昭和大箱喫茶を想像してしまいそうですが、
『愛養』はカウンターだけの小さなお店です。
でも、そのカウンターの上に置いても違和感ないよね。
愛養 ⑩

築地市場、移転問題はどうなっちゃったんだか。
いずれ、『愛養』も含め今の市場の雰囲気を、早めに体感しに行くのをおすすめします。
明日は何が起こるかわからない世の中だもんね…。


(実は最初水曜日に行って定休日という失態…翌々日リベンジしました)
愛養 ④

愛養 ⑤

反対側の入り口(両側に入り口があります)
愛養 ⑥

愛養 ⑦

こっから、翌々日出直した時のスナップです。
愛養 ⑧
カウンター横のメニュー

愛養 ⑨

手タレさん、ありがとう
愛養 ⑪

愛養 ⑫
こういうポッテリしたコーヒーカップが好きなんである。
店名入りなら尚よろし。

愛養 ⑬

※市場だから土日祝が休みかなと思ったら、たまに水曜日もお休みだったりするので、
 行かれる時は事前に調べて行くのをおすすめします。←調べないで行った人より

 愛養
    東京都中央区築地5-2-1 築地市場 6号館





このお店に行ったのはずっとずっと前のこと。
マッチは無いとのことでショップカードを頂いてきたのですが、
そのカードはどこかに失くしてしまいました…。

しかーし! ずっと前にゲットしたひと山マッチの中から発掘したのでご紹介します。

  北 欧  の、マッチ。

北欧 ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

おお、スカンジナビア半島!

ちなみにこのひと山マッチは、全てノシイカ保存※されておりました。
いっそ開いた方がわかりやすそうなデザインです。

    ※ノシイカ保存とは
       箱マッチの中箱を取り除いて、側薬を外さず平らに潰して保存したもの。
       ちなみに側薬を切り取って開いたものを「アジの開き保存」という。
            (マッチ学会細則より) ←こんなものはありません

北欧 ②

「新橋センター2号館」 と書いてありますが、現在は「銀座ナイン2号館」と改名されています。
こういうのは時代考証に役立つ情報です!
「新橋センター」が現在の「銀座ナイン」に改称したのは昭和60年とのことですから、
このマッチはそれ以前のものということになりますね。

私がこの店を訪れたのは、4~5年前だったでしょうか…。
銀座を歩いていて、何か古い喫茶店がありそうなビル…と考えていて、
思いついたのがこの首都高の高架下を利用した細長い商店街「銀座ナイン」。
飲食店は沢山入っていましたが、歴史のありそうな喫茶店はここだけでした。
店内は特に「古い」印象は受けませんでしたが、名前が昭和なのが嬉しいですよね。



 北欧
    http://www.ginza9.com/shops/hokuou.html

本郷の『ルオー』のマッチに続けてご紹介したかったのに、そんな時に限ってみつからないの法則。
この前、別マッチを探していたらみつかりましたので、今さらですが。

 大手町にあった ルオー の、マッチ。

ルオー(大手町) ①
(採取年不明、ひと山マッチより、外箱のみ木製)

本郷『ルオー』とは違う図柄なのですが、やはりルオーの絵なのでしょうか。

反対側を見ると、本郷『ルオー』のマッチとそっくりです。
ルオー(大手町) ②
※ちなみに側面はどちらも側薬でした。

「丸の内店」とあるので、本郷『ルオー』の支店かと思いきや、違うみたいで、
オーナー同士がお知り合いだったとのこと(『純喫茶コレクション』さんのブログ参照)。

たしか、私がこのマッチをひと山マッチで入手した数カ月前に大手町『ルオー』は閉店していました。
当時はまだ検索すると記事が多数出て来て(今回検索したら全然出てこない…)、
本当に悔しい思いをしたのを思い出しました。

本郷『ルオー』のマッチと並べてみました。
ルオー(大手町) ③
下が本郷のマッチです。字体もそっくりですよね。

大手町の古いビル探訪、もうかなり遅かりしだけど、今のうちにやらないとね。








時々落語を聞きに行く会館の近くにある喫茶店。
いつも気になっていたのです。

銀座といっても東銀座の方の裏道を歩いていると、
時々こういう時間が昭和のまま止まったかのような喫茶店に出くわします。
ミモザ ⑤

  ミ モ ザ の、マッチ。

ミモザ ①
(採取年月:2016年4月)

反対側には、別のお店の名前が。
ミモザ ②
浅草橋の『栄』という喫茶店。ママさんに聞いてみると、
「甥っこがやってる店なのよ」
えっ? 今、「やってる」 っておっしゃいました? 現役?
やってるそうです。…行かなくては。

ミモザ ③

一番奥が小さいカウンターっぽい厨房(でもカウンターは客席ではない)で、
ママさんはその中に。
私はその手前の席に着席したので、
店内でオーダーを取ったり運んだりのお姉さんにオーダーしたのだが、
カウンター内のママさんが中から色々声をかけてくれるのがイイ。

ミックスジュースを頼んだけど材料がないとのことでレモンスカッシュにしました。
ミモザ ④

カウンターの中から、
「ごめんなさいねー、材料が無くて」 とか、
「はちみちを入れてごらんなさい。クセが無くて美味しいわよ」 とか、
背中越しに声が聞こえてきて(奥に背を向けて座っていたので)、
私も「美味しいですー」 と、背中を向けて答えました。

頭上に据え付けられたテレビからは、東京オリンピックのロゴ決定の報道。
それを店内のお客さんたち皆んなで注目している。
なんだか昭和39年の東京オリンピックの時もこんな感じで、
街の喫茶店でみんなでテレビにくぎ付けだったのかな、なんて思って、
ほっこりとしました。

今回の東京オリンピックは、賛否両論みたいですけど、どうせやるなら、
国民の気持ちがひとつになる機会になるといいなーと、
こういう場所だと素直に前向きに思えたりするものですね。
(実は反対派である)



 ミモザ
    東京都中央区銀座2-13-2