FC2ブログ
都留市には行ったこともないのですが、何故か私の元にやって来たこのマッチ…。
今現在営業しているのかも、「百貨店」と名乗っているものの一体どんなお店なのかも不明。

 寿美屋百貨店 の、マッチ。

寿美屋百貨店 ③
(採取年月:2015年7月)

実はこのマッチ、先月行った近所の居酒屋でいただいたものです。
といってもこのまま渡されたのではなく、
両面にはちゃんとその居酒屋のラベルが貼り付けてありました。
つまり別マッチを利用した手作りマッチだったのですね。

最初はその居酒屋のラベルを貼ったままご紹介しようかとも思ったのですが、
あまりにも近所過ぎて地元が限定されるので自粛したのと、
手作りラベルがあっさりと剥がれてしまったため、元マッチをご紹介することにしました。

それにしても何故に都留市のマッチ…マスターの地元なのだろうか。

寿美屋百貨店 ②
表はお茶の広告、裏はトタン板にセメントの広告とは、さすが「百貨店」!
そして側面には「ギフトセンター」の文字!
寿美屋百貨店 ①

検索したところ住所がヒットした他には、ある方のフログに記述があり、
「大好きなお店『寿美屋百貨店』でみつけました」 と花鋏の写真が載っていました。
きっと地元に根差した何でも揃っている便利で楽しいお店なんだろうなーと想像。
いつか行ってみたくなりました。

そうそう、このマッチをくれた居酒屋、なかなかいいお店です。
今度行ったらマスターに、出身地を聞いてみようw


寿美屋百貨店
    山梨県都留市上谷2-3-10





スポンサーサイト



先週、所用で仙台に行く機会があり、午後がぽっかり自由時間になったので夕方までブラブラしてきました。

仙台光原社 ⑪
定禅寺通りのシンボル、エミリオ・グレコ の『夏の思い出』

仙台には遠い昔住んでいたことがあるので、懐かしい道を辿ってみたりしました。
実は、私の第一次マッチブームは仙台で始まったのですが、
当時の喫茶店は見事にほとんど無くなってしまっていました…残念。

なので、喫茶店にはあまり期待していなかったのですが、大好きだった場所に行き、
そこで思いがけずマッチをゲットしてしまいました!

仙台 光原社 の、マッチ。

仙台光原社 ①
(採取年月:2015年3月)

芹沢銈介デザインの木版画"風"マッチ。
これは開店記念に作った和紙に木版刷りのものを印刷で復刻したもので、
店頭に時々出るか出ないか…というものだそうです。
実はこの日も店頭には無かったのですが、聞いてみると店の奥から一個だけ、
 「ちょっと端が破れているのですけど…」
と分けて下さいました。
(全然目立たない程度で、帰宅してから糊で補修いたしましたw)

仙台光原社 ②
反対側もいいですねえ~。

仙台光原社 ③

さて、『光原社』は日本各地の民藝品を取り扱う店ですが、
商店であるだけでなく、古くから民藝活動の東北での拠点となっていたサロン的な役割を担い、
本店である盛岡『光原社』には民藝運動に携わった沢山の方たちの足跡に触れられます。

仙台店は売り場スペースのみで盛岡ほど広くないのですが、
マッチだけでなく看板も芹沢銈介の文字が使われていたり、狭いながらも趣のあるスペースです。

仙台光原社 ⑥仙台光原社 ⑦
仙台光原社 ⑧仙台光原社 ⑨



以前ご紹介した『盛岡 光原社』のマッチと並べてみました。盛岡のマッチは版画家・川上澄生デザインです。
仙台光原社 ④

建物は私が住んでいた頃と変わっていませんでした。
仙台光原社 ⑤

仙台光原社 ⑩


 ※盛岡の『光原社』記事はこちら → 盛岡 光原社 の、マッチ


 仙台 光原社
    http://kogensya.sakura.ne.jp/summary/index.html
    (他の開店記念マッチ画像もこちらで見られます↑)





先日アップした銀座『和蘭豆』の窓から、このお店が見えました。
前から名前は知っていたのですが、場所を勘違いしていて・・・。
ああ、ここだったのか!と、
そして帰りに入店し、見つけたのがこの、大阪 たくみ の、マッチラベル。

たくみ ①
(採取年月:2012年8月)

あ、なんかややこしいですね。
入ったお店は『銀座たくみ』で、このマッチラベルは大阪梅田にあった『大阪たくみ』のマッチ。
このマッチラベルは販売されていたものです。
検索したけど『大阪たくみ』は出てこないから、今はないみたいですね。

ちなみに『たくみ』は全国の民芸品(焼物、染め物、織物、手工芸など)を扱うお店。
鳥取の『たくみ』が最初らしく、経営は違うけど何カ所かに『たくみ』という店があったようです。
(鳥取の『たくみ』隣の割烹『たくみ』のマッチはこちら

たくみ ②

何かいらないマッチ箱にでも貼り付けてからご紹介しようと思ったのですが、
これ、普通のマッチ箱より少し小さく、小型マッチよりは大きいという、半端なサイズ。
なので合う箱がなかったので、ラベルのままですいません。
これが箱に貼られたものは、心の中でイメージしてみて。

たくみ ③
たくみ ④

ちなみに、正真正銘、芹沢銈介マッチです。

額装して飾ってもいいのでは?・・・とお店の方に言われました。


 銀座たくみ
    http://www.ginza-takumi.co.jp/top.htm



代官山に行くと必ず立ち寄る手拭いやさん、

かまわぬ の、おみくじマッチ。

<表>
かまわぬ ①
(採取年:2011年)

右が 「開運みくじ」で、左が 「恋みくじ」。

以前、Leeさんのブログで拝見して、
今度代官山に行ったら、絶対買おう!と思っていたのです。
そう、販売しているのです(2個セットで¥399,-)

<裏>
かまわぬ ②

裏には、色別の占い結果が書いてありますが、
これは、箱に開いた穴から出てきたマッチ棒の頭薬の色と対応させます。

<「恋みくじ」の中と側面>
かまわぬ ③
「恋みくじ」は、江戸前寿司がコンセプト。側面の割り箸がカワイイ。

<「開運みくじ」の中と側面>
かまわぬ ④

「開運みくじ」の裏の絵もかわいいですね。
2点でも、わたしは「うめ」がいいな。

かまわぬ ⑤

ところで、代官山はすっごく久しぶりです。
実は、お茶をしようと『かまわぬ』にはいったのですが、
お茶スペースがなくなっていました。
いつからなくなったんだろう・・・残念。

仕方ないので、近くにある噂の『猿楽珈琲』に入りました。
マッチの有無は、店内禁煙なのでどうせ無いだろうと聞きませんでしたが、
無いので正解? どきどき・・・


 かまわぬ
    東京都渋谷区猿楽町23-1
    http://www.kamawanu.co.jp/index.html



今さらなんですが、山マッチをごそごそやってたら、出てきたので・・・。
「こけし」シリーズに便乗です。

こんぴらさん参道のおみやげやさん、中野商会 の、マッチ。

<表>
中野商会 表
(採取年:不明)

もう、なんてキュート!
木製なので古いものなんでしょうけど、
ちょっと今っぽいイラストですよね。

中野商会 裏

裏は無地。

ちなみに、こんぴらさんの参道に、
『中野屋』というお土産屋さんがあるんですが、ここのこと?
こんぴらさんには2回行ってるんですが、
今度はいつ行くことやら・・・。