FC2ブログ
てっきり閉店したものと思っていた喫茶店が経営者が変わっていつの間にか復活。
最近そんなことも多々ありますね。
ここも、そんな店のひとつでした。

  乃木坂の喫茶& Bar KAFFA の、マッチ。

KAFFA ①
(採取年月:2017年2月)

画像ではわかりにくいかも知れませんが、紺色にシルバーの文字。
両面同じデザインです。

KAFFA ②
中を開けてちょっとドキッ…黒い頭薬です。

このお店に行こうと思ったのは、ずっと前にゲットしたひと山マッチからのこのマッチ
KAFFA ③
これも両面同じデザインです。

KAFFA ④

なにせ、だいぶ昔に入手したひと山で、
その時に『Kaffa』で検索したら、乃木坂のお店が「閉店」と出て来た。
しかも、ご覧の通り、住所も電話番号も書いていないので、
閉店してるのかどころか、そもそもこのマッチが乃木坂の『Kaffa』のものなのかも不明…。
で、数年間放置していたのですが、久しぶりに引っ張り出した時何気なく再び検索してみると、
なんと営業しているではないですか!
経営者が変わって四代目だけど、店の雰囲気は変わらないと書いてありました。
経営者が変わったのなら、マッチも変わったかも…と、
マッチ探偵の野生のカンがむずむずしたので早速行ってみると、
やはり、新しいマッチがありました!

お約束の新旧二個並べ。
KAFFA ⑤


さて、調べていたらどうも、Bar色が強く感じられたのですが、
ランチタイムを狙って行きました。
ホワイトカレー、おいしゅうございました。
KAFFA ⑥


KAFFA ⑦

KAFFA ⑨

HPによると、
  工イジングコーヒーの老舗「コクテル堂」の直営店として、昭和61年にオープンした「KAFFA」
  現在まで27年にわたり、4代オーナーが 変わり業態も変化してきましたが、
  その内外装は当初の趣をそのまま残し、居抜き状態で引き継いでいます。
とのこと。

KAFFA ⑪

実は、旧マッチを持って行ったので、一緒に撮ってみました。
KAFFA ⑬
しかし、本当にこのマッチがここの物かいまいち確証が持てなかったのですが、
後で古いマッチにお詳しいベッシーさんに聞いてみたら、間違いないようです。
(昔、同じマッチを乃木坂『Kaffa』で貰ったとのこと)
このマッチは何代目の経営者さんのマッチだったのかな…。

※ちなみに、この旧マッチと同じロゴの『Kaffa』という店が目黒に有りますが、
 こちらとは全く関係ないとのことでした。


 KAFFA
    http://www.kaffa-akasaka.com/index.html







スポンサーサイト



末っ子だった私は、子供の頃いつも姉からこう言っていじめられていた。

 「あんたなんか、橋の下から拾われてきたんだからね!」

これ、姉、兄を持つ者にとっては、「あるある」の思い出なのでは…。

なので、このお店の名前を聞いた時、「なんでまたそんな名前を…」と思ってしまいました。

 赤坂のジャズ喫茶 橋の下 の、マッチ。

橋の下 ①
(採取年月:2016年12月)

ここは大分前にtomcatさんから教えて頂いたお店です。
たしか赤坂『パンジー』と一緒に教えて頂いたので、その時直ぐ探しに行ったのですが、
どちらの店も見つけられず(後で行ってみると、何故あんなわかりやすい場所が…)、
やっと…という感じです。

特に『橋の下』はジャズ喫茶ということで、出来ればランチタイムの方が行きやすそう…
と思っていたため、ますます訪問が遅くなりました。
ジャズは好きだけど、ジャズ喫茶はちょっと緊張するんだよねー。
ランチタイムなら緊張感無く入れるかな、と思いまして。

橋の下 ②

それにしても、このイラストいいですねぇ。
ちょっとした影が入っていて、3Dに描かれているのがいいですね。

橋の下 ③


さて、ランチタイムということで、店内賑わっていました。
なので、私の座ったテーブルの奥の壁面にジャズレコードのジャケットが沢山飾られていたけど撮影断念。
橋の下 ④
お野菜ゴロゴロのカレーが美味しかった!

あれ、マッチのイラストと微妙に違う!
橋の下 ⑤



 橋の下
    東京都港区赤坂3丁目7-15







前回の『ペルリ』に引き続き、能町みね子さんの『きまぐれミルクセ~キ』を読んで、
行ってきました。

 赤坂 パンジー の、マッチ。

パンジー ①
(採取年月:2016年6月)

パンジーというより、スミレのような絵ですが、
まぁ、細かいことはマッチには求めない。
可愛ければいいのさ。
というより、「マッチが有れば御の字」である。

ここにマッチがあることは、たしか以前tomcatさんのブログで教えていただき、
何年か前に探しに行ったのですが、その時はお店がみつからず諦めていました。
今回リベンジしてアッサリ辿り着いた…。
逆になんでこんな簡単な場所をみつけられなかった?当時の自分…。

パンジー ②

反対側には手書きの電話番号。
レジでマッチを出して下さったマスターと思われる年配の男性が、
「電話番号が違うのでこちらに書いてあります…」と。

パンジー ③

昼休み時間だったのでサラリーマンが続々と…。
というわけで一人で行った私はあまり席が選べず、なんか落ち着かなくて写真もブレブレ
パンジー ④
ここは「ミルクセーキ」ではなく、「ミルクシェイク」。
たしかにシェイク強めでしゅわしゅわの泡が美味しかった!

店内写真を撮る勇気はありませんでしたが、
昭和モダニズム風、明るく白い空間でした。
晴れた朝にモーニングとか食べに再訪したい。

パンジー ⑤


 パンジー
    東京都港区赤坂2-6-24





閉店が決まった喫茶店に足を運ぶのは、相変わらず気が重い。
けど、やはり今行かないと二度とその空間を味わえなくなる!と思うと、行かずにはいられません。
もうひと月以上前のことになりますが、
マッチ仲間のBlackCoffee1964さんから閉店の情報を頂き、閉店一週間前に訪れました。

  赤坂・三会堂ビルの地下にあった喫茶店 琥 珀 の、マッチ。

琥珀(赤坂) ①
(採取年月:2016年3月)

薄いクリーム色に店名が入ったシンプルなマッチ。
厚みも少し薄めで、とてもクールな印象を受けました。

琥珀(赤坂) ②

琥珀(赤坂) ③

営業時間をよく確かめずに行ったため、入店すると「あと10分で閉店なんですけど…」と言われましたが、
この日を逃すと来る機会がなかったので、「10分でもいいですから!」とコーヒーを注文。
店内は、入り口を入ったところのカウンターと椅子テーブルのBOX席が数席ある手前のスペースと、
奥のBOX席のみのスペースとふたつに分かれていて、私は奥のスペースへ。

琥珀(赤坂) ④
椅子はクリーム色なのに、どことなく琥珀色の空間。

琥珀(赤坂) ⑤
実は、この窓際の席にツイッターのフォロワーさんがいらっしゃって偶然の初対面!
この席だけの紅い丸椅子が可愛らしかったです。

琥珀色に輝くこの壁は、貝殻で出来ているみたいです。うっとり。
琥珀(赤坂) ⑧

琥珀(赤坂) ⑦

琥珀(赤坂) ⑬

琥珀(赤坂) ⑥

三会堂ビル自体がクラシックで(竣工当時はモダンだったのでしょうけど)、素敵です。
『琥珀』さんは閉店してしまいましたが、このビルだけでも味わっておいた方がいいかも知れませんよ。

琥珀(赤坂) ⑮

三会堂ビル ②

三会堂ビル ⑥

三会堂ビル ①
(設計:平川國一)






マッチ仲間のエムケイさんのブログで教えていただいた、溜池山王の喫茶店

  シーザー の、マッチ。

シーザー ①
(採取年月:2016年3月)

お店のロゴであるエンブレム風イラストが描かれたブックマッチ。

シーザー ②

会計時、ママさんからマッチをいただき、
「カッコイイですね!」と、ブックマッチを開いたら…

黒軸!
シーザー ③

思わず、「黒軸!中もカッコイイですね!実はマッチを集めているんです!」
なんていうお話をしてたら、
「あら、マッチを集めてるの?」とマッチ話になり、
ママさん「前は箱のマッチだったんだけどお客様がワイシャツの胸ポケットにいれずらいと言うから、
      ブックマッチに変えたのよ」
白あずき「やっぱり前は箱マッチだったんですね!」
ママさん「箱マッチもまだあるわよ」
…というわけで、出てきました!箱マッチ!

シーザー ④
おおお! 同デザイン!
(厳密に言うと「コーヒー スナック」と書いてあったのが、今は「喫茶 レストラン」になっていますね)

反対側も。
シーザー ⑤

そして、中を開けるとやっぱり黒軸!
シーザー ⑥

『シーザー』が入っている小松ビルも昭和な雰囲気が漂う味わいのあるビルです。
小松ブルドーザーといえばピンと来る㈱小松製作所の本社ビルで、
昔はビルの上に黄色いブルドーザーが乗っかってた気がするのですが、今は無くなっています。
(私の錯覚かな?)

シーザー ⑦

シーザー ⑧

シーザー ⑨

シーザー ⑪

黄色いテーブルが暖かい雰囲気。
シーザー ⑩


 ※エムケイさん、ありがとう!


 シーザー
    東京都港区赤坂2-3-6 小松ビル B1F