FC2ブログ
以前UPした浦和駅前のエビスヤ』に行く時、一応周辺の喫茶店を検索してみた。
すると出て来たのが、ここ。

  浦和駅東口にある 埼 玉 屋 の、マッチ。

埼玉屋 ①
(採取年月:2017年6月)

筆記体ぽいフォントがおもろい。

埼玉屋 ②

埼玉屋 ③

さて、検索をしていて出て来たのは、やはり、我らが『わき純』。
解説しよう。
『わき純』とは、日本マッチ学会会員エムケイ氏のブログ『わき道にそれて純喫茶2』のことダヨ。

しかし、『エビスヤ』は西口。 『埼玉屋』は東口。
線路を越えるのすら億劫に感じるお年頃なので『埼玉屋』はまた次回に…
と思っているうちに、訪問が延び延びになっておりました。

東口を出て第一印象が、なんか東口って新しいっぽい!
だったんですが、『埼玉屋』に入ると、一気に昭和のかほりが。
埼玉屋 ⑦

埼玉屋 ⑤

ワイドな写真を撮ればよかったんですが、お客様がいらしたので遠慮。
左に写っている電話ポックスは、なんと店の真ん中にデン!とあるんですよ。
埼玉屋 ④

これからは浦和駅前でランチすることになったら…。
東口に出るか、西口に出るか、悩むなぁ…。

埼玉屋 ⑥


 埼玉屋
    さいたま市浦和区東仲町1−20 埼玉屋ビル2F




スポンサーサイト



一月に浦和の調神社に行った時に寄りました。

  浦和の喫茶店 カフェ ヴォアール の、マッチ。

カフェ ヴォアール ①
(採取年月:2016年1月)

なんと、中は懐かしの"板マッチ"!
カフェ ヴォアール ③

いまどき板マッチが生息していたとは!

実はこのマッチ、私が初詣に行く前だから去年の12月頃かな?
マッチ仲間のBlackCoffee1964さんがツイッターで写真をUPされていたのです。
(黒珈琲さん、いつも情報ありがとうございます!)
その時は、「いまどき板マッチを置いてる店があるとは思えないから、マッチは昔のかな?」
と、半分マッチは期待せずに行ったのですが、なんと!
板マッチが現役でがんばっていました。
ずっと会っていない昔の親友に出会ったような気持ちです←大げさだな

裏は無地。
カフェ ヴォアール ②

ん? なんか貼ってあるぞ。
カフェ ヴォアール ④
下に地図が透けて見えるのですが、もしかして場所が変わっているのかな。
(剥がす勇気はありませんでした)


カフェ ヴォアール ⑤

お店は二階で、窓辺の席はベランダに面した明るい雰囲気。
しかし反対側は奥深く、奥の席には10~15人利用可能なバンケットルームも有りました。
マッチ学会が開けますねw

オールドビーンズのコーヒーの深い味が寒さを和らげてくれました。
カフェ ヴォアール ⑥



 カフェ ヴォアール
    http://www.cafevoir.com/



我が家にはかれこれ八年前からウサギがいるものですから、
ここ数年の初詣は、浦和の『調神社』です。
なぜならば、この神社の神様のお使いがウサギで、境内ウサギだらけなのです…。

というわけで、この調神社に行き始めた頃からずっと気になっていた喫茶店、
浦和駅前の喫茶店 エビスヤ の、マッチ。

エビスヤ ①
(採取年月:2017年1月)

エビスヤ ②

両面同デザインの白黒反転色というシンプルなデザインのマッチ・

エビスヤ ③
電話番号は手書き修正w

浦和駅西口から調神社に向かう細い路地に面した喫茶店。
駅のロータリーを見下ろす立地なのに、入り口が路地側にあり、
しかも店舗は二階だけなので、路地に入らないと目立たない。

エビスヤ ⑥

だけど、このサンプルケースが目に入ったら、もう気になって仕方ないよね。
エビスヤ ⑨

名物「浦和招ねきうさぎ」にめっちゃ見下ろされてるし…(ちなみにこいつ家にも居ます)
エビスヤ ⑩

ちなみに何年か前から気になっていたのに、なかなか入らなかったのは、
いつも初詣だったのでお店が正月休みで閉まっていたためです…。
そこで、今年は松の内が過ぎてからの初詣にしてみました。
おかげさまで、営業中。


二階に上がると細長い鰻の寝床店内。
エビスヤ ④

一番奥までたどり着くと、駅前ロータリーを見下ろせる窓辺の席です。
エビスヤ ⑤
ちょうど誰も居なかったので迷わず奥へ奥へ。
駅前を見下ろしながらピザトーストをいただきました(トマトソースうまし)。

エビスヤ ⑦

エビスヤ ⑧

浦和駅、再開発なんかしませんように…。


 エビスヤ
    埼玉県さいたま市浦和区高砂1-6-10








一昨日、上野『丘』にて、日本マッチ学会(仮称)東京支部会忘年会を開催いたしました。
(ただ集まってお茶飲んで喋りまくっただけですが…)

本日はそこでエムケイさん (ブログ『わき道にそれて純喫茶2』管理人さん)  からいただいたマッチをご紹介させていただきます。

所沢市の喫茶店 ペルレイ  (PERLEI) の、マッチ。

ペルレイ ①
(採取年月日:2012年5月、エムケイさん採取)

エキゾチックな微笑みを讃えた女性が描かれています。
お店を検索してみたら、同じ絵が看板にも描かれていました。

素敵な絵の看板に期待を膨らませて店に入り、
マッチを貰ったら看板と同じ絵が描かれている…理想的なパターンです。

ペルレイ ②

裏には地図が描かれていますが、所沢には縁がなく全くイメージ出来ません。
が!
実は今年の春我が家の一員になったウサギのこうめを身請けしに行ったのが、
所沢駅近くのうさぎショップでした…なにやらご縁を感じます。所沢。

そして、私の好きな小サイズでした♪
ペルレイ ③

★エムケイさんありがとう!
ペルレイ ④

 ペルレイ (PERLEI)
    埼玉県所沢市日吉町3-6





”灯り”シリーズ、番外編・・・といいますか、

カンテラ の、マッチ。

カンテラ 表
カンテラ 裏
(採取年:1990年代)

イラストがなかったんで<番外編>にしましたが、
店名から行くと、立派に”灯り”シリーズかな?

「ポテトハウス」って、めずらしくないすか?
で、裏の「ポテトかぼちゃ」って、メニュー?
どんなん?

と、謎だらけのマッチ。
ついでに、「カンテラ」ってどんなん?と思った人のために・・・・

我が家の「カンテラ」です。
我が家の防災対策

計画停電に備えてます。
(まだ実施されてないけど・・・・)


そして、このマッチ最後のナゾ。

カンテラ 開けたとこ

「猫橋交差点」って、ホントに~?