FC2ブログ
浅草に行くと、ほとんど必ず寄ってしまいます。

アンヂェラス の、マッチ。

アンヂェラス 表
(採取年:2011年)

で、そんなにいつも行くわりに、
今年のお正月、やっとマッチをもらってきた。

アンヂェラス 裏

あ、ロッパさんだ。

・・・といっても、リアルタイムでは知りませんからね。
エノケンと並び称される、喜劇役者の、古川緑波さんの自画像?
「味は此の表情で判って下さい」・・・と書いてあるのかな?
きっと常連さんだったんでしょうね。

アンヂェラス 開けたとこ

アンヂェラスは、どこを取っても興奮MAXの素敵喫茶店!
興奮するけど、落ち着けます。(なんじゃそれ)
説明するより、写真を見ていただいた方がいいですね。



アンヂェラス・・・に点々なのが、心を揺さぶります
外観
レトロな・・・なんて言うのが恥ずかしくなるような、
わざとらしくなく、ほんとにレトロな洋菓子店です。
創業は、昭和21年とか。

1~3階は喫茶になっていて、もちろんケーキも食べられるし、
なんだか懐かしいパフェが、ウィンドウに並んで、おいでおいでしています。
懐かしいパフェ

浅草歩きで疲れたら、ここで一息つくことが多いのは、
ひとりでも入りやすい居心地の良さ。
あ、もちろん大好きな人と二人でも、きっと落ち着くし、
ヤカマシイおばちゃん数人で行って、
ワイワイくっちゃべってても、大丈夫。
そんなお店です。

私は、一人の時は、
2階の窓際の一人席 (正確には椅子はふたつで横並び) に座ります。
なんだか落ち着く。
で、窓の外をぽけっと見下ろして、
浅草の町を泳ぎ回った自分をクールダウン。
2階の窓

でもって、やっぱりケーキですな。
お店と同んなじ名前のケーキ、”アンジェラス”は、
チョコとホワイトがあります。
懐かしー味の、ミニ・ロールケーキ。
ケーキ
もちろん、お持ち帰りもしてしまう。

昔のお店って、パーテーションや長押のモチーフがモダン。
だと思いません?
モチーフ②
モチーフ①

アンヂェラス
 東京都台東区浅草1-17-6
 03-3841-9761
 営業時間 10:00~21:30
 定休日 月曜日
Angelus.jpg



スポンサーサイト