FC2ブログ
秋も深まり、イチョウの木も黄色く色づいてきました。

鎌倉の、大銀杏の在りし日の姿に思いを馳せて・・・
鶴ヶ岡八幡宮の境内にあった、ぎんなん の、マッチ。

<表>
ぎんなん ①
(ひと山買いマッチのため採取年不明)

鶴ヶ岡八幡宮本殿に続く、
長い石段の横にあった大銀杏の黄葉をデザインしたマッチ。

石段を登る足を止め、黄葉を振り返る巫女さんの赤い袴が印象的。

鶴ヶ岡八幡宮の大銀杏といえば、
去年の三月強風で根元からバッサリ倒れてしまいましたが、
このマッチは、かなり昔のものと思われ、
倒れるずっと前の姿が描かれています。

<裏>
ぎんなん ②
裏も同じデザイン

マッチの側面には、「かまくら八幡サマ境内」とありますが、
現在の境内見取り図には別名のレストランしか見あたりません。
江ノ電商事のサイトにも見あたらないので、現在は営業していないのでは・・・。

こんなマッチを鎌倉の黄葉散策の後にもらったら、
寒い帰り道も、さぞやほっこりとするのでしょうが・・・。




<オマケ> 去年の秋の大銀杏の様子です。

2010鶴ヶ岡八幡
の、しめ縄の辺りに、「公暁の大イチョウ」はありました。

イチョウは、萌芽力が強くて、再生しやすいので、
 ① 幹の上部を切断し、元の位置の西側に植え替えて再生させるほか、
 ② 地中に残った根からの萌芽も期待して、
再生のための作業を施したそうです。

左側のモシャモシャが、②の根っこから生えたもの。右が①の幹を切って植えたもの。
2010公暁のイチョウその後①

どちらも、葉をたくさん付けて、がんばってますね。

今年はどれくらい育ったのでしょうね。

2010がんばれ大イチョウ
みんなも、応援していますよ!


スポンサーサイト