FC2ブログ
前回の 『離世』 に続いて、京都・花背のマッチを。

摘草料理の 美山荘 の、マッチ。

<表>
美山荘 ①
(採取年:2007年、美鳥花コレクションより)

またまた、大阪在住の美鳥花さんからいただいたマッチ。

ちょっと和紙風な鮮やかな蒼色のマッチ。

裏には、四代目亭主の筆になる摘み草への思い。

<裏>
美山荘 ②

背負籠から溢れる摘み草の緑が、蒼に映えますね。

美山荘 ③

京都の洛北、花背の里にある「摘草料理」で有名な料理旅館。
雑誌で何度か見かけ、いつか行きたいな~と思っていたら、
美鳥花さんが行ってらして、写真を見せびらかされました。見せていただきました。
数寄屋建築もスバラシイけど、襖絵がまた見事!
いいな~ぁ。

奈良の春日大社の社家であった初代が、
明治28年に峰定寺参りの信者のために宿坊として建てたのが始まりで、
三代目当主が料理旅館に増改築して現在に至る。
設計・施工を、京都「俵屋」(設計: 吉村順三)を手がけた数奇屋建築の名工、
中村外二が担当したというから、建物を見るだけでも行ってみたい!
(やっぱり行ったら食べたい&泊まりたいけどね)

HPを見てるだけでも、うっとりです。
マッチは体を表す・・・ですね。

 美山荘
    京都府京都市左京区花脊原地町大悲山
    http://miyamasou.jp/




スポンサーサイト