FC2ブログ
先日東京でも雪が降りまして、雪国生まれで雪大好きな私はじっとしておられず、
出掛けた途中、道々写真を撮りながら、
たまにしか降ってくれない東京の雪を満喫しました。

東京はやっと梅が咲き始めたところで、雪の綿帽子を被った梅の木に目を奪われました。

20120229雪持ちの紅梅

そこで思い出したのが、小田原の和菓子屋さん、正栄堂 の、マッチ。

<表>
正栄堂 表

花は見えませんが、たぶん梅の木の枝に、雪がしんしんと降り積もる絵。
右上に浮かんで見えるのは、小田原城でしょう。

『甘露梅』というのは、ここの代表銘菓で、小田原特産の紫蘇巻き梅干をヒントにした菓子ですが、
いわゆる和菓子のひとつのカテゴリで、他の店でも作っているわけですが、
正栄堂さんでは、『梅太郎』という名前になっているようです。
(梅太郎というのは二代目の名前だそうです)
梅太郎-こし餡を求肥で包み紫蘇の葉で包む小田原伝統銘菓-甘露梅[1]
(写真はHPより)


<裏>
正栄堂 裏

これもまた、開きたくなる逸品。

正栄堂 横

小田原の『正栄堂』で検索したところ、『正栄堂』と『曽我乃正栄堂』がヒットしましたが、
もちろん別の店のようなので、暖簾分けしたのかもしれません。
このマッチの店は、現在の『正栄堂』さんの方のようです。

 正栄堂
    神奈川県小田原市栄町1-1-9  駅ビル内1階
    http://www.shoeidokashiho.com/



スポンサーサイト