FC2ブログ
日本橋・高島屋横にある喫茶店 げるぼあ の、マッチ。

げるぼあ ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

このマッチは、以前入手した”ひと山マッチ”の中にありました。
(この山のコレクターさんは”のしいか保存”されています)

反対側はカタカナ書き。
げるぼあ ②

『げるぼあ』という名前の意味を検索してみたら、
泉麻人さん著の『東京ふつうの喫茶店』に行き当たったので、泉さんの説明を引用させていただきます。

  「 (お店の方に聞くと)「ドイツ語で、画家が集まる場所って意味らしいのよ」
   といったようなことを伺ったが、改めて調べてみると、マネら印象派の画家グループが1860年代頃、
  「カフェ・ゲルボア」というパリの店を溜り場にしていた、というから、おそらくこれがモデルになっ
   たのだろう。」

とのこと。
ついでながら、この店の元オーナーは、あのホテルニュージャパンの横井英樹氏だそうです。


げるぼあ ③

実はこのマッチのことは全く頭になかったのですが、
先日日本橋に行った時に、昭和ぽい佇まいに惹かれ、ここに入っていました。
帰りがけにマッチを所望すると、今は作っていないということで、
住所・電話番号の入ったレシートの切れ端(上の写真右)と、代マッチをいただきました。
このときの代マッチが先日ご紹介した唐津の『いか本家』マッチです。

こういう巡り会い方も、楽しいものです。


 げるぼあ
   東京都中央区日本橋3丁目8-6




スポンサーサイト