FC2ブログ
日本で初めてフランチャイズを展開したコーヒー店、ぽえむ の、マッチ。

<表>
ぽえむ ①
(採取年月:2013年5月)

『ぽえむ』というと、このロゴ…と、初めて『ぽえむ』を訪れた私でも何故か知っている、
手のひらに乗った二粒のコーヒー豆。

<裏>
ぽえむ ②

中を開けると「高円寺店」のスタンプが押されていました。
マッチはチェーン全店共通で、各店舗で支店名のスタンプを押して使っているのでしょうか?

<中>
ぽえむ ③

最盛期には全国に70軒以上あったという『ぽえむ』のチェーン店。
その最初の店舗である阿佐ヶ谷店は今はないそうですが、
現在はチェーン店舗は、全国に28店舗あるようです。

ひと山マッチの中に『ぽえむ』池袋北口店のマッチがありましたので、
併せてご紹介しておきます。


ぽえむ 池袋北口店 の、マッチ。

<表>
ぽえむ ④
(採取年不明、ひと山マッチより)

今より大型のブックマッチで鮮やかな黄色。
『ぽえむ』表記のものと、『poEm』表記の二種ありました。

<裏>
ぽえむ ⑤
同じ黄色だけど、色は微妙に違います。

<中>
ぽえむ ⑥

中も微妙に違いますね。
そして、支店のスタンプを押す習慣はこの頃からあったようですw

ところで、マッチの軸の後ろに描かれたイラストが気になりますよね。

<中のイラスト>
ぽえむ ⑦

なんと、永島慎二さんのイラストでした!
そういえば、永島さんは『ぽえむ』の常連さんで、ご自分の作品中に描いたこともあるそうです。
イラストのモデルは当時のマスター(阿佐ヶ谷店の?)かも知れませんね。

文を書かれた寺下辰夫さんは文筆家?
『珈琲談義』などの著作があるようです(無知ですいません

現在のマッチからは色々なものが省略されてシンプルになってしまったのが、
ちょっと寂しい気もします。

なお、冒頭にご紹介した現在の高円寺店のマッチと類似したものを、
マッチ仲間のJUNさんが以前紹介されていますので、そちらも是非ご覧下さい。
(JUNさんのブログ→「PoEm & 珈琲共和国(閉店)」)


『ぽえむ』高円寺店は、駅前からちょっと入った裏通りの角にあるかわいい店構え。
案外奥が深くて、落ち着ける店内です。
ぽうむ外観②

 ぽえむ 高円寺店
    東京都杉並区高円寺南4-44-5



スポンサーサイト