FC2ブログ
このお店の思い出話を、何人かのマッチ仲間からお聞きしたことがあるのですが、
マッチが素敵なことと共に、とても好きな喫茶店だったと、どなたも口を揃えて語られたのが印象的。
現在は銀座から築地に移転されたとのことですが、マッチは置いていないとのこと。
私は築地のその店には未訪問なのですが、
以前は置いて有ったというここのマッチのことで、ひとつ発見がありましたので、ご報告を。

 以前は 銀座、常盤台、池袋に有った 琥珀亭 の、旧マッチ。

琥珀亭 ②
(採取年不明、左はひと山マッチより、右はBlackCoffee1964さんからいただきました)

若干色の違いはあるものの、たぶん経年劣化かロットの違いのせいと思われ、
デザインは同じふたつのマッチ。
しかし、反対側には微妙な違いが。

琥珀亭 ①
版画風のイラストも同じですが、左のマッチには絵の右下に落款があります。

実は、先日ツイッターでベッシーさんがUPされていたここのマッチの写真を巡って、
「誰の絵?」というリプが有り、ベッシーさんのマッチには落款が無かったのですが、
一緒にUPされていたショップカードの方には落款が有り、ベッシーさんがトリミングして下さいました。

これは私のマッチの落款をトリミングしたものなのですが…
琥珀亭 ④
うーん、どこかで見たような…あまりに達筆過ぎて…でも左は「さんずい」だよなー…
さんずいの名前で版画家というと…もしや、川上澄生の「澄」?
そこで、手持ちの川上澄生モノを探し出してみると…
琥珀亭 ⑤
同じだ!

ということで、『琥珀亭』の旧マッチの絵が、版画家・川上澄生氏のものであると判明。

長年『琥珀亭』のマッチを眺めていながら、誰の絵かなとも疑問に思わず、
ましてや川上澄生氏の絵だとは夢にも思わずにいたのに、
ツイッターでみんなであれこれやってるうちに解明されたというのが、
なんだか久々に学会ぽくて嬉しかったものですから、未訪問のお店なのに先行UPしてしまいました。
後出しになりますが、近々築地の『琥珀亭』にも行ってみようと思っています。
マッチ、復刻してくれると嬉しいのですけど…。

ちなみにサイズは私の大好きな小さいズ。しかも黒軸です!
琥珀亭 ③

琥珀亭 ⑥


※参考:以前ご紹介した盛岡の『光原社』のマッチも川上澄生氏のデザインです。
   →http://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-233.html
光原社 ③


 琥珀亭
    東京都 中央区 築地 1-12-22 コンワビル 1F

<オマケ>
ところでこれってパクリじゃないですよね(笑)
歩繪夢




スポンサーサイト