FC2ブログ
今日(2017年6月30日) で創業178年の暖簾を下ろし閉店した  巴町砂場 の、マッチ。

巴町砂場 ①
(採取年不明、ひと山マッチよりアジの開き保存)

『巴町砂場』のマッチは、いつ頃かは不明ですが、
店内全面禁煙にした時から置いていないそうです。
なので、"ひと山マッチ"にあったアジの開き保存マッチしか無くてすいません。

天保十年(1839年)創業の老舗蕎麦屋。
私は数回しか入ったことがなく、新しそうなビルに入っていることもあり、
あまり年輪の重みを感じる事もなく、最近はご無沙汰していたのですが、
閉店と聞いて先週慌てて食べ納めをしに行ってきました。

巴町砂場 ②
無いのは知っていたけど、やはりマッチは無かったので、
ショップカードと箸袋とおしぼりまで貰ってきてしまった…。記念です。
巴町砂場 ③

実は、何度かの訪問時はこの小上がりの見えない席だったので、
今回初めてこの店に小上がりがあったのを知る。
巴町砂場 ④
ああ…良い雰囲気の小上がりだなぁ…。ここで飲んでみたかった。
朝顔の掛け軸でした。
季節ごとに変わると思われるしつらい。他の季節にもここで飲みたかったなぁ。
飲みたい飲みたい言ってますが、ちゃんと飲みましたよ。
巴町砂場 ⑥
突き出しは、豆もやし。

最後のアテは何にしようか。
巴町砂場 ⑤

焼き鳥と月見芋にしました。
巴町砂場 ⑦
ここは「とろろそば」が有名なので、月見芋にしてみた。
そして締めにせいろを頼んで残しておいた月見芋で半分はとろろそばで食す!
という裏技を発見したのに、もう活用する機会はないんだなぁ…ぐすん。
巴町砂場 ⑧

閉店の理由は、テナントとして入っているビルとの契約が切れるため、とのこと。
現在のところ移転等の計画は、無いそうです。

ここ数年のうちに、池之端藪、鶯谷の公望荘、九段下の一茶庵と、
立て続けの老舗蕎麦屋の閉店に、打ちひしがれております。
お江戸の風情を残す店がどんどん無くなりますが、昭和でさえ絶滅寸前なのだから、
よく残っていたと言うべきなのか…。
いずれ、寂しいなぁ。

巴町砂場 ⑩

巴町砂場 ⑪




 巴町砂場
    東京都港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル 1F







スポンサーサイト