FC2ブログ
例によって、ひと山マッチの中で現在も営業中のお店を訪問するシリーズです。

昭和33年創業の池袋駅前の鰻屋さん 山 吹 の、マッチ。

山吹 ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

近頃の現役マッチではあまり見かけなくなったコロ型。

側面の黄緑色が、まさに山吹の葉の色ですね。
山吹 ②
浜名湖の鰻だそうです。

山吹 ③
局番が三桁の時代のマッチ。
店舗は、池袋と渋谷の二店舗書いてありますが、現在は池袋店のみ営業中。
渋谷店の「109ビル右入る」とは、どの辺だろう?
109の脇は、恋文横丁ではなかったっけ? その前に『玉久』の一軒家があったっけ?
(そもそも、109の<右>が、どっちから見ての右なんだよ…との突っ込みは我慢する)

箸袋は、今回頂いてきたものです。
山吹 ⑤
局番は、もちろん四桁になってます。
ロゴ(紋?)が変わっているのが気になるところ。

お店の場所は、喫茶好きの方には 『耕路』があった辺り…と言えばわかりやすいかと。
平日昼の早めの時間に入店したためか、割と空いていて、一人なのにテーブル席に。
まずはビールと冷ややっこを…(暑かったんだよ)。
山吹 ⑥

ランチのうな丼(ミニサイズ)を頼む頃には、どんどんお客さんが入ってきて、
お一人様は壁際のカウンターに通されていたから、この店は早めに入って正解。
山吹 ⑦
ランチはリズナブルなお値段だったかと(行ったのだいぶ前なので忘れてしまった)。

たぶん、ひと山マッチの中にここのマッチが無かったら、
自分から入ることはなかっただろう店との良い出会いは嬉しいもの。
マッチ集めをしていたからこその、出会いにいつも感謝しています。

山吹 ④



 山吹
    東京都豊島区南池袋1-27-8 サンパレスビル






スポンサーサイト