FC2ブログ
1980年創業、駿河台下の 古瀬戸珈琲店 の、旧マッチ。

両面同デザイン
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ①
(採取年不明、ひと山マッチより)

このマッチは、かなり昔のひと山マッチの中に有り、
以前UPした神田神保町の『カフェテラス古瀬戸』の記事に追補しようかと思ったのですが、
やはり、「駿河台下店」にも行ってみてから…と、見合わせていました。

そしてやっと、昨年十一月に駿河台下店を訪問。

駿河台下店は1980年創業、神保町店は1988年開店だそうです。
マッチの側面には神保町店も書いてあるので、1988年以降に作られたマッチですね。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ②
神保町店前の通りは、すずらん通りというのか…というか、
当時は『カフェテラス古瀬戸』ではなく、「すずらん通り店」だったのですね。

現在はマッチは置いてないので、ショップカードを頂いてきました。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ③
このカラスみたいな鳥のマーク、歴代古瀬戸マッチをご存知の方は「オッ」ってなったと思います。

そこで、旧マッチ並べて見ました。カラス、いますよね。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑤
一番下の細長いのが、2012年に自力採取したものです。
右上の『ホリイゲ古瀬戸』は、食事系飲食系のなかなか良いお店だったようですが、閉店。
その下の小サイズの『カフェテラス古瀬戸』のマッチは、2011年頃まで配られていたみたいです。
私が行った時は既に、一番下の横長タイプに変わった後でした。

反対側には、全て『古瀬戸珈琲店』の名前がありますが、多分、駿河台下店のことでしょう。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ④

さて、神保町の『カフェテラス古瀬戸』さんは店内の城戸真亜子さんの壁画で有名ですが、
こちらは一階の階段昇り口から二階の入り口までずっと壁画が描かれていて、
こちらも城戸真亜子さんぽいのですが、どうでしょう…(検索したけど不明)。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑫

古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑪

幻想的な壁画は、ちょっとシャガールを思わせる色合い…。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑩

古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑨

壁の棚には沢山のコーヒーカップが。
カウンターに座ると、好きなカップを選べるとか。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑦

でも、古瀬戸に来たらやはりこのオリジナルの不思議な生き物(鳥…だよね)が描かれたカップがいいね。
古瀬戸珈琲店・駿河台下 ⑧
神保町のお店もこういうカップでした。
多分、店主さんの故郷の瀬戸市で叔父様が焼く瀬戸焼かな。
(美夜之窯の加藤元男氏ではないかと思われます)

「学生街の喫茶店」と呼ぶにふさわしい喫茶店…と、お勧めしたい。


 古瀬戸珈琲店
    https://www4.hp-ez.com/hp/kosetocoffee-srgdist/page1

※神保町の『カフェテラス古瀬戸』の記事は、こちら⇒カフェテラス古瀬戸」の、マッチ記事






スポンサーサイト