FC2ブログ
あの吉田拓郎の名曲『ペニーレインでバーボンを』の『ペニーレイン』と同系列店として、
こちらも原宿の名店だった ライムライト の、マッチ二種。

LIMELIGHT 新旧
(採取年不明、ひと山マッチより)

上が横長タイプのブックマッチ、下が普通サイズだけどちょっと厚めの箱マッチです。
ロゴと、「enjoy nice evening」のキャッチコビーなどは同じですが、どちらが古い時代の物かは不明。
通常だと箱マッチの方が古いことが多いのですが、こちらのはどうだったのでしょう。
残念ながら私は、この伝説の店には行ったこともなく、マッチはどちらも「ひと山」からです。

『ライムライト』と言えばチャツプリンの名画…ということで、箱マッチにはこのイラストが。
LIMELIGHT ①

厚さがあり、黒軸マッチ…とこだわりを感じるマッチです。
LIMELIGHT ③

ブックマッチの方の反対側はこちら。
LIMELIGHT ⑤
シンプルに電話番号が書かれていますが、こちらも箱マッチ同様局番が三桁なので、
局番でどちらが古いか判断することは出来ませんでした。

中を開けると板マッチ。この時代流行りましたね。
LIMELIGHT ⑥

『ペニーレイン』は1970~1980年代を代表するバーですが、『ライムライト』もほぼ同時期なのでしょうか。
その後『ペニーレイン』は1990年に一度閉店しましたが、
現在は『ライムライト』があった場所で営業再開しているようです。


「原宿 ライムライト」でいろいろ検索していて初めて知ったのですが、
長渕剛さんの曲で、この『ライムライト』を歌った曲がありました。

  ♪ 今夜も 飲んで 飲んで 酔っぱらっちまおう
    表参道 ライムライト

という歌詞でした。 曲を知らないで歌詞だけ読むと、なんか演歌みたいですねw



話は逸れますが、この時代のマッチをUPしようと検索をかけていて、
昭和50~60年代当時を述懐する記述や写真に出会うと、
自分も一瞬でその時代にワープして、たまらなく切ない気持ちになります。
ひと山マッチを整理していると、往々にしてそんな瞬間があり、
それも、ひと山マッチの魅力のひとつかな、と思います。






スポンサーサイト



  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://umematch.blog25.fc2.com/tb.php/734-c143bfa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)