FC2ブログ
夏が来れば思い出す~♪
昨日は、尾瀬の山開きだったそうです。

尾瀬 長蔵小屋 の、マッチ。

<表>
尾瀬 ①
(採取年:不明、ひと山マッチより)

尾瀬といえば、やはり”水芭蕉”を思い起こします。
そんな尾瀬の山小屋の、初夏の爽やかな空気が伝わってくるようなマッチ。

<裏>
尾瀬 ②

『長蔵小屋』、『第二長蔵小屋』ともに健在で、
HPを見ると、昭和初期に建てられた当時のままというロッヂ風な建物が、
旅心をくすぐります。
(あまりにも素敵なので、HPから写真をお借りしてしまいました)
長蔵小屋


そういえば、尾瀬ではないですけど、数年前片品村に行きました。
『水芭蕉』という地酒の蔵元を訪ねたのを思い出しました(結局酒かよ)。
あ、もちろん水芭蕉も見ましたよ。(↓証拠写真)
片品村の水芭蕉


ちょうど今頃、水芭蕉の開花時期なんですね。


尾瀬 ③



 長蔵小屋
    群馬県利根郡片品村戸倉958
    http://www3.ocn.ne.jp/~chozo/index.html




雪国の宿シリーズ(またいつのまに?)。

長野県・野沢温泉の民宿 山 口 の、マッチ。

<表>
山口 表
(採取年不明)

スキーの宿らしい絵柄。

<裏>
山口 裏

こういう物件に出会うと、”アジの開き”保存を肯定したくなる・・・。
(いかんいかん、目を覚ませ)

山口 横

ちなみにこのマッチ、前回の谷川岳のマッチと同じ”ひと山マッチ”の中にあった。
この”ひと山マッチ”のコレクターさんは、きっとスキーが趣味だったのね。
・・・なんてプロファイルしてみたりするのも、”ひと山買い”の楽しみでもある。


 民宿内湯 山口
    長野県下高井郡野沢温泉村豊郷6869 
    http://www2.plala.or.jp/nozawa-yamaguchi/





全国的に冷え切ってますね  ぶるぶる・・・

連日の雪に悩まされている地域も多いことと思われますが、
この季節には、やはり雪が恋しくなる、雪国生まれの白あずきⅡでございます。

というわけで、本日は雪景色の美しい、旅館 たにがわ の、マッチ。

<表>
たにがわ 表
(採取年不明、ひと山マッチより)

なんて美しい風景。
雪が深々と降る向こうに見えているのは、谷川岳。

引き延ばして額装して飾りたいシリーズ。

<裏>
たにがわ 裏

ひと山買いマッチの中に紛れていた逸品です。

水上温泉には行ったことがないのですが、
もしも行く機会があったら、是非ここに泊まってみたいもの。
太宰治ゆかりの宿だそうです。

たにがわ 横

 旅館 たにがわ
    群馬県利根郡みなかみ町谷川524-1    
    http://www.ryokan-tanigawa.com/index.html

<2017.8.12 追記>

だいぶ昔に、お友達からいただいたハガキが、
ここ『旅館 たにがわ』 の絵ハガキであったことに、後日気が付きました。

たにがわハガキ ①
谷川岳南面を描いた水彩画。

鹿のロゴもマッチと同じですね。
たにがわハガキ ②

このハガキを下さったお友達は、私が若い頃旅先で知り合ったおばあちゃんでした。
恵比寿のお家によく遊びに行ったなぁ…。
よくお手紙のやり取りをしていたので、
美術館などに行くとこの方へ送るハガキを探すのが楽しみだったりしたのですが、
数年前に亡くなられて、最近は絵ハガキを書く機会もずいぶん減ってしまい寂しいです。
画像の文字を消しながら、「会いたい」という文字に目が潤みました。




青森はもう、すっかり冬の中でしょうが、今年の紅葉マッチのしめくくりに。

ツタウルシの赤が鮮やかな、蔦温泉 の、マッチ。

<表裏同デザイン>
蔦温泉 ①
(採取年不明、美鳥花コレクションより)

大阪の美鳥花さんからいただいたマッチです。

私は残念ながら蔦温泉には行ったことがないのですが、
このマッチの紅葉した蔦を見ただけで、十和田の紅葉が思い出されます。

十和田樹海と呼ばれるブナの原生林の中にあり、
一軒宿の「蔦温泉旅館」は、大正時代に建造された本館が鄙びた風情。
秘湯好きの私としては、是非一度訪れたいところ。

壇一雄の『火宅の人』の主人公が、愛人と訪れたところ。
・・・というのが、私の中で一番強いイメージなせいか、
文学的且つ退廃的妄想を働かせてしまうマッチなのであります。

蔦温泉 ②

閑話休題、十和田湖といえば、
会社の同期の女子三人でほぼ同時に免許を取得し、
初心者3人娘での初ドライブが、田沢湖。
そして、二度目は果敢に十和田湖に行ったのでした。
くねくね坂道、細道、山道で、大変な思いをしたっけ。

くねくね連続上り坂で私をあおった”ふそうトラック野郎”、
今でも忘れないぜっ!!

 蔦温泉
    青森県上北郡十和田湖町
    http://www.thuta.co.jp/index_p.cgi




桜の季節なので・・・・ (東京は散ってしまったけど)

伊豆高原・城ヶ崎温泉 花吹雪 の、マッチ。

<表>
花吹雪 表
(採取年:2007年あたり?)

大好きなお宿です。
そして、マッチもお気に入り。

<裏>
花吹雪 裏

開いてお見せ出来ないのが残念ですが、
銀鼠の背景に、白い小さな桜の花がこぼれるように咲いている、
屏風絵のような、美しいマッチです!

<横>
花吹雪 横

『花吹雪』は、伊豆高原にあるお宿ですが、
お料理も綺麗で美味しく、食事だけでも立ち寄れます。
たしか、お風呂だけというのもあったはず。

広い敷地の斜面に、点々と客室棟があり、
離れのような感じですが、食事は部屋食ではないし、
お布団も自分で敷くシステムなので、お値段もリズナブル。

それなのに、温泉あり、広いお庭あり、食事が丁寧・・・などなど、
満足度の高いお宿です。
・・・といっても、最後に行ったのは4年くらい前だったかな?
今も変わらないでいてくれるといいけど・・・。

花吹雪 開けたとこ

 花吹雪 
    静岡県伊東市八幡野磯道1041
    0557-54-1550
    http://www.hanafubuki.co.jp/