FC2ブログ
このお店の思い出話を、何人かのマッチ仲間からお聞きしたことがあるのですが、
マッチが素敵なことと共に、とても好きな喫茶店だったと、どなたも口を揃えて語られたのが印象的。
現在は銀座から築地に移転されたとのことですが、マッチは置いていないとのこと。
私は築地のその店には未訪問なのですが、
以前は置いて有ったというここのマッチのことで、ひとつ発見がありましたので、ご報告を。

 以前は 銀座、常盤台、池袋に有った 琥珀亭 の、旧マッチ。

琥珀亭 ②
(採取年不明、左はひと山マッチより、右はBlackCoffee1964さんからいただきました)

若干色の違いはあるものの、たぶん経年劣化かロットの違いのせいと思われ、
デザインは同じふたつのマッチ。
しかし、反対側には微妙な違いが。

琥珀亭 ①
版画風のイラストも同じですが、左のマッチには絵の右下に落款があります。

実は、先日ツイッターでベッシーさんがUPされていたここのマッチの写真を巡って、
「誰の絵?」というリプが有り、ベッシーさんのマッチには落款が無かったのですが、
一緒にUPされていたショップカードの方には落款が有り、ベッシーさんがトリミングして下さいました。

これは私のマッチの落款をトリミングしたものなのですが…
琥珀亭 ④
うーん、どこかで見たような…あまりに達筆過ぎて…でも左は「さんずい」だよなー…
さんずいの名前で版画家というと…もしや、川上澄生の「澄」?
そこで、手持ちの川上澄生モノを探し出してみると…
琥珀亭 ⑤
同じだ!

ということで、『琥珀亭』の旧マッチの絵が、版画家・川上澄生氏のものであると判明。

長年『琥珀亭』のマッチを眺めていながら、誰の絵かなとも疑問に思わず、
ましてや川上澄生氏の絵だとは夢にも思わずにいたのに、
ツイッターでみんなであれこれやってるうちに解明されたというのが、
なんだか久々に学会ぽくて嬉しかったものですから、未訪問のお店なのに先行UPしてしまいました。
後出しになりますが、近々築地の『琥珀亭』にも行ってみようと思っています。
マッチ、復刻してくれると嬉しいのですけど…。

ちなみにサイズは私の大好きな小さいズ。しかも黒軸です!
琥珀亭 ③

琥珀亭 ⑥


※参考:以前ご紹介した盛岡の『光原社』のマッチも川上澄生氏のデザインです。
   →http://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-233.html
光原社 ③


 琥珀亭
    東京都 中央区 築地 1-12-22 コンワビル 1F

<オマケ>
ところでこれってパクリじゃないですよね(笑)
歩繪夢




4年前に訪れたこのお店のマッチがモデル・チェンジしたとの情報を、
マッチ仲間のベッシーさん、いちファンさんから頂き、先月採取に向かいました。

  和蘭豆 の、新マッチ。

和蘭豆 その② ①
(採取年月;2016年1月)

おお! デザインが全く変わってしまいました!

どのように変わったかというと…新旧並べてみましょう。
和蘭豆 その② ④
右が一番古く、箱型の旧マッチ(採取年不明、ひと山マッチより)、
真ん中が4年前に採取したブックマッチ。
箱からブックになった時点ではデザインはほぼ踏襲されていました。
ちなみに前のマッチまでは「珈琲専科」だったのが、今回は「珈琲専門」となっています。

裏も見てみましょう。
和蘭豆 その② ⑤
エンブレムが無くなって、なんだか気が抜けましたねー。

正直、サイズを縮小してもデザインは変えないで欲しかった…。
と思われた和蘭豆マッチファンは多いのではないかと…。

開けたところ。
和蘭豆 その② ③

そうそう、もうひとつ変わったところが。
以前のブックマッチには、側薬の下に、
  「カバーを閉じてから擦って下さい」
との注意書きがあったのに、無くなってしまいました。
無くても不便はありませんが、有ったものが無くなるというのは、なんとなく寂しいものですね。
和蘭豆 ①
※下の方に書いてあります。


和蘭豆 その② ⑥
この日は寒かったので私は暖かいシナモン・コーヒーにしましたが、
隣の席を見たらアイスコーヒーのグラスに敷いたコースターが新作マッチと同デザインでした。

 ※4年前の『和蘭豆』記事はこちらhttp://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-428.html


 和蘭豆
    東京都中央区銀座7-3-13






実は、つい最近までその存在に気づかなかった。

 銀座・松屋デパートの裏にある 仏蘭西屋 の、マッチ。

仏蘭西屋 ①
(採取年月:2010年11月)

エンブレムの中のアルファベットで書かれた文字を読むと、「EIKOKUYA」と書かれています。
どうやら、大阪の『英国屋』が経営している喫茶店らしい。
そういえば『英国屋』のマッチってこんな感じじゃなかったっけ?

仏蘭西屋 ②
裏の地図を見ると、松屋の向かいはちゃんと『アップルストア』となっていて、
「昔作ったままのマッチ」ではないことが伺われ、
今も定期的にマッチを作っているんだろうなーと少し嬉しくなりました。

仏蘭西屋 ③


何か甘いものが恋しくなる秋の一日…。
仏蘭西屋 ④

仏蘭西屋 ⑤

銀座はもう、クリスマスですよ。

仏蘭西屋 ⑦


 仏蘭西屋
    東京都中央区銀座3-7-16







東銀座の歌舞伎座近くにある喫茶店 サロン・ド・ジュリエ の、代マッチ。

「代マッチ」とは、車で言うと「代車」のような(ちょっと違うかなw)、
つまり、お店独自のマッチは置いてませんが喫煙する方の為に用意してあります、的なマッチ。
時には、市販されているセイフティマッチが出て来たり、
また時には、どこかよそのお店のマッチが出てくることもあります。

ここ『サロン・ド・ジュリエ』で出てきたのは、こんなセイフティ・マッチでした。
ジュリエ ①
(採取年月:2015年8月)

よくあるツバメ模様とか桃の模様ではなく、初めて見るセイフティ・マッチです。
私はセイフティ・マッチには特に興味が無く収集の対象ではないのでよくわかりませんが、
一体どこのマッチだろうとひっくり返してみたのですが、
表に「MADE IN JAPAN」とあるだけで社名も何も書いてありませんでした。

【裏】
ジュリエ ②


【側面にも何も書いていない】
ジュリエ ③ 

  
オリエンタルな絵の意味もよくわかりかねます…。

ちなみに、ここ『サロン・ド・ジュリエ』に入ったのはこの日で三回目。
歌舞伎座近くにあるので、幕間の休憩などに便利だし広々としているので落ち着きます。
もちろんマッチの有無を訪ねたのも三回目。
前回は二回とも「ライターならありますが…」と言われたのですが、
今回は「マッチ、ありますよ!」と言われ、遂に!と期待したのですが、代マッチ…。
でも、ちょっと謎の残るセイフティ・マッチだったのでUPしてみました。
どなたかお心当たりの方がいらっしゃいましたら教えて下さいませ。



プリン・ア・ラ・モード、大変美味しゅうございました。
ジュリエ ④ 




 サロン ド ジュリエ
    http://www.julliet.jp/









そのうち行こう行こうと思っているうちに閉店してしまった…
という轍をまた踏んでしまいました。

銀座 らんぷ の、マッチ。

らんぷ ①
(マッチ仲間のtomcatさんからいただきました)

古くて素敵なビルの一階にあるお店だけど、白あずきさんの好きそうな建物ですよ、と、
だいぶ以前にtomcatさんから伺っていたので、行く気満々だったのに…。
先日行ってみたら素敵な建物はあったけど、『らんぷ』が…ないっ!
急いでググってみたら、昨年既に閉店していたらしい。…ガックリ

せめてもの救いは、tomcatさんからいただいていたマッチです。

いいランプですね。
らんぷ ②
らんぷ ③

『らんぷ』が入っていた鈴木ビルは、
東京都の歴史的建造物に指定された築86年のビルだそうです。
たしかに惹かれるビルでした。
らんぷ ④