FC2ブログ
カフェ トゥジュールデャビデ ①
(2018年採取)

五反田はかつて勤務地でもあったし、今でも時々お会いする恩師が住んでいたりと、
長年ご縁のある土地。
ですが最近はすっかりご無沙汰で、去年久し振りに行ってみました。
変わらず落ち着いた空間、陳腐な言い方になってしまいますが、隠れ家、的な。

カフェ トゥジュールデャビデ ②

カフェ トゥジュールデャビデ ③

カフェ トゥジュールデャビデ ④

カフェ トゥジュールデャビデ ⑤

カフェ トゥジュールデャビデ ⑥

カフェ トゥジュールデャビデ ⑦

この日は雉子神社にお詣りの帰り。
御守の袋に目を留めて話しかけて下さったママさんとお話している時に、
「次回は是非」にとおすすめされたコレ(名前を失念)、を頂きに再訪せねば。
カフェ トゥジュールデャビデ ⑧

カフェ トゥジュールデャビデ ⑨

カフェ トゥジュールデャビデ ⑩

 カフェ トゥジュールデビュテ
    東京都品川区東五反田5-27-12 扇寿ビル B1F



前回ご紹介した喫茶『窯』が入っている、北ホテル の、マッチ。

北ホテル ①
(2017年12月採取)

古いフランス映画に『北ホテル』という映画が有り、そのホテルは今も実在するらしい。
マッチ裏側に書かれた『Hôtel du Nord』は、まさにその映画の原題。
北ホテル ②

北ホテル ③

『窯』のマッチと並べてみました。字体は違うけど纏った雰囲気はどこか似ています。
北ホテル ④

『窯』の項でも書きましたが、ここは私の憧れのホテル。
『窯』と共に通ったのが、一階に有る民藝の店『北の光原社』。
ここで小鹿田焼に出会って、以来小鹿田焼のファン。
『北の光原社』は勿論、もう盛岡の代表的スポットといってもいい『光原社』の支店。
『光原社』のようにお庭が有ったり広かったりはしないけど、落ち着いた雰囲気がまさに『光原社』らしい。
なので、『北ホテル』も同じ経営者なのかなと勝手に思い込んでいたけど、そこは不明。
いずれ、ホテル、喫茶、『北の光原社』と、一体となった雰囲気のある大好きな「居場所」です。

北ホテル ⑤
わかりにくい写真ですが、右が『窯』入り口、左の既に閉店して電器が消えているのが『北の光原社』入り口。

北ホテル ⑥


  『窯』の、マッチ        ⇒ http://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-987.html
  『光原社』の、マッチ     ⇒ http://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-233.html
  『光原社』(仙台)の、マッチ ⇒ http://umematch.blog25.fc2.com/blog-entry-671.html


 北ホテル
    岩手県盛岡市内丸17-45
    http://kitahotel.jp/



もう一昨年のことになりますが…

暮れも迫った寒い夜でした。
時折雪が散らつく盛岡の夜でした。

北国の雪の夜が似合う北ホテルの二階にあるお店、 の、マッチ。

窯 ①
(2017年12月採取)

窯 ②

窯 ③

「和食」と書いてあるし、このお店が入っているホテルのHPを見てもレストランの扱いなのだけど、
私の中では、ちゃんとした和食の食事が出来る、落ち着く喫茶店。
そういう私も、盛岡に住んでいた頃はよくきちんとした和食が食べたいなぁ、という時に利用していた。
でも、食事の後、コーヒーを飲みながら一息ついてほっとする…そんな喫茶店のイメージが強いのです。

あと数日で大晦日…という年末であったのと遅い時間のせいかお店一人占め(正式には二人占め)状態でした。
窯 ④

民芸品で整えたシックな店内。
窯 ⑤

窯 ⑥

このお店が入っている『北ホテル』というホテル自体、
私の中で、しっとりと情緒のあるホテルというイメージで、ずっと憧れでした。
とはいえ、盛岡には実家があるため泊ったことは勿論無く、
あくまでも私のイメージの世界の話なのですが…。

その『北ホテル』については、また次の機会に。

窯 ⑦


 
    岩手県盛岡市内丸17-45
    http://kitahotel.jp/restaurant/








惜しまれつつ一昨年末(2017年)閉店した まりも の、マッチ。

まりも ①
(2017年12月採取)

ところどころ煉瓦が欠けているのが、妙にリアル。

まりも ②

まりも ③
「新丸子店」は現在も営業中。(たぶん)

まりも ④

数年前、いや、十年位前になるかな。
横浜の叔母が入院した病院にお見舞いに行く時、日吉駅前からバスに乗って行ったのを思い出す。
もう長くないなりに色々と手を尽くそうとして、でも一人っ子で思い悩んだ従妹と一緒に、
お医者様の話を聞きに何度か日吉駅で従妹と待ち合わせて病院に行ったっけ。


さて、もうかなり時間が経ってしまったけど、『まりも』閉店前に駆け付けた時のスナップです。

まりも ⑤

昨日のお昼に何を食べたかも覚えていない昨今、一年以上前のこの日の記憶も曖昧なのですが、
どう見てもこれは「バナナサンデー」で正解でしょう。(ちょっと自信なさげ)
まりも ⑥

まりも ⑦

まりも ⑧

平日の昼下がりにも関わらず、賑わっている店内。
閉店間近だからという感じでもなく、日常の風景という感じがする。
まりも ⑨

まりも ⑩

まりも ⑪

レジに閉店の貼り紙がありました。
昭和54年7月創業、閉店の年で約38年営業されていたそうです。

まりも ⑫

まりも ⑬

角地に立つ煉瓦の外壁の喫茶店。
ああ、マッチの煉瓦…。
まりも ⑭

まりも ⑯

最後にもう一度、店を遠くから眺めました。 佳い風景ですね。
まりも ⑮





たしか、今年のほおずき市帰りに寄った蕎麦屋さん。
何度も通ったことのある道なのに、正直、ここに蕎麦屋があるのをこの時初めて気づいた。
お腹もすいていたし、初夏の暑さの中浅草寺の境内をうろついていたので、
ビールでも飲んで蕎麦を手繰って帰ろうと、駅までの道すがら物色していた時に、
はたと目に留まった、 雷門 満留賀 の、マッチ。

雷門満留賀 ①
(2018年採取)

ひと目で、浅草寺本堂の大屋根だとわかりますね。
部分だけ切り取っても、ここが何処だかわからせる…そういうマッチ好きです。
(他に何があったか直ぐに思い出せないけど)

よく見ると屋根の上に鳩が!
雷門満留賀 ②


雷門満留賀 ③

明治28年創業!
雷門満留賀 ④
『満留賀』(まるか)という名のお蕎麦屋さんは各地で見られますが、チェーン店とは違って元々は暖簾分けで広がったようです。
藪蕎麦や砂場に近い感じでしょうか。
ちなみに私は、初『満留賀』でした。

雷門満留賀 ⑥

アテは、なめこおろしと親子とじ。
雷門満留賀 ⑧

ついでに浅草寺のほおずき市風景を…。
ほおずき市2018 ②

ほおずき市2018 ④

ほおずき市2018 ⑥

ほおずき市2018 ⑨

ほおずき市限定で授与される雷除けのお守りを拝受。
ほおずき市2018 ⑬

ほおずき市2018 ⑯

ほおずき市2018 ⑲

 雷門 満留賀
   東京都台東区浅草1-1-5
   http://www.maruka.net/